「自分の知らない自分に出会えた」KAIGO MY PROJECT3期第2回レポート

10月13日(火)、3期第2回目のプログラムを行いました。第2回目は、ペアワークで「聴く」ことの実践練習を行いました。マイプロでは基本的に参加者同士が相互に対話しながらそれぞれのマイプロを深めていきます。「良い聞き手になること」「相手に貢献すること」を毎回意識しながらも、実際にどういうプロセスを経ていくのか体験を通じて学んでいきました。

12088166_904029016342897_4448636016988405550_n

✤第2回 参加者の気づき・感想✤

『部下の話しを聞くことは苦手だったけど、明日から早速仕事に活かしていきたい。』
ストレートにペアの人が自分の想いを話してくれたことに感動しました。なかなか自分の想いを共有して、そして誰かの口から聞くっていう体験を初めてしたので、すごく感激しました。また、すごく聞き方が上手で、自分の考えを再構築し、想いを深めていくことができたので、すごくためになったと思います。マイプロでは、いい聞き手になりましょうって、「聞くこと」に重点を置いているプログラムだなってことを感じていて、日々部下を持ちながら仕事をしているのですが、部下の話しをちゃんと聞くって今までできなかった。すごく苦手だった部分だったけど、聞いてもらうことの大切さ、自分から聞くことの大切さをすごく学ばせてもらったので、これを明日から早速仕事に活かしていきたいなと思います。

『自分の知らない自分に出会えた』
自分でも衝撃的だったことが引き出されて、改めて自分の知らない自分に出会いました。私は今まで色んなプロジェクトを立ち上げてきました。ただ、成功しても達成感とか感激することはなく、見たかった景色だけど違ったのかなと振り返っていたのですが、そうではなくて、見たい景色は見れていたけどもっと大事なことが私にはあったことに気付きました。それがおそらくチームビルディング。もしかしたら何をやるかとかも大事だけれど、それ以上に誰とやるかとかや、そのチームの中でどういう立ち位置になるかが達成感とか充実感を感じるタイプなのかもしれないなと思いました。私に取ってはとても大きな発見でした。自分のことを否定していたけど、成果だったのかなと肯定できてすごくいい場になりました。

12096485_904029863009479_4011294809000089952_n12115899_904024759676656_6295463209867529837_n

『自分がやりたいと思っていることを素直に言い合えることで、自分がやりたいことのヒントになる』
自分は今自分が思っ ていることや、やりたいことが漠然としていて、正直言ってまだ人に言うのが恥ずかしいと思っているくらいです。それを何の否定もせずに聞いてくれること自体が自分としてはすごく有り難くて、なかなか今の職場の人や友達にこういう曖昧なことを正直に言う場はなかなかない中で、今日はしっかりと聞いてくれて、かつ自分の意見を言ってくれること自体が有り難かったなと思いました。やっぱり、自分たちがやりたいと思っていることを素直に言い合えることで、自分がやりたいことのヒントになることがすごくあるなと思いました。

『相手の話から自分の想いに気付けた』
ペアワークをやって純粋に思ったのが想いが似ているということ。観点が一緒で、だからすんなり受け入れることができるし、相手の話しなのに落とし込めて話せて、そういう作業って自分の想いってこうだったんだって気付けるし、そこでまたより考えが深められるのがすごく楽しかったです。

12108033_904024156343383_3920764563680607028_n

KAIGO MY PROJECTにご関心のある方は、是非一度体験イベントにお越し下さいませ!

*第10回
2015年11月6日(金)19:30〜 詳細・お申し込みはこちら

*第11回
2015年12月19日(土)13:00〜 詳細・お申し込みはこちら

ご参加お待ちしております。

 

(文・写真:秋本可愛)

KAIGO MY PROJECT3期はじまりました!

今月から遂にKAIGO MY PROJECT3期、スタート致しました。
3期は、学生(社会福祉・医学・その他)、介護士(高齢・障がい)、理学療法士、人材、システム、車など、これまでと同様に多様なメンバー14名でスタートしました!

12144916_314929222010623_1214547028679522309_n
色んな背景、色んな想いを持ったメンバーから、これから3ヶ月、どのようなプロジェクトが生まれるのでしょうか。とても楽しみで仕方ありません!

*みんなの気づき・感想*
●普段全然違う業界にいるので、久しぶりに自分がやりたいと思っていることを思いっきりしたなって思って、楽しかったです。自分の思いを書いたり言葉にして、アウトプットするとそれをきっかけにどんどん膨らんでいったり、具体的になったりして、たまに質問が来て、返して「あ、自分ってこう思っているんだ」って思うことを改めて経験してアウトプットってすごく大事だなって感じました。

●1人1人の話を聞くのも面白いし、楽しかったなって感じました。2人がやりたいプロジェクトにグッとくるものがありました。10年も仕事をしていると、暗い気持ちになることも多かったけど、希望が持てました。立場ももう先輩なので「これやりたい」っていう人がいたらできるようにしていきたいなって思いました。

●見ている視点や立場が違っても、向く方向が同じだなって思いました。コラボレーションの可能性が沢山あると感じました。自分のマイプロを皆さんに聞いて欲しいくらいで、それで皆さんも感じたことを教えてほしいし、僕もそこから感じることを発展させていきたいって素直に思っています。

12112511_314929125343966_3438170102850783624_n

●個人のプロジェクトを話した中で、意外と共通する部分があって、介護の仕事をどう魅力的に発信していくか、なんとなく方向性がまとまっていた気がします。インターンネットの時代ですから、今までとはちょっと違う使い方をしながら、効果的に発信できたらなという感じでした。

●3人とも人と関わる仕事をする中で、人と関わるきっかけ作りがそれぞれ違うんだなって感じました。人と関わるのって難しいですよね。触れてほしくないところ、触れてほしいところや、雰囲気など違いますし。人と関わるってことを重視していかないと、色々と変わっていく中で、磨いていかないと、、、積極的に話していくことが今後重要だなって考えたのでこの3か月間、そういう部分を開花できればなと思います。ありがとうございました。

12118906_314928898677322_2057073772210945283_n

●僕自身が、参加のきっかけが、病院だけで提供されているもの、視野だけでは狭いなとか、もっと介護を介護施設だけでするのではなくて、もっと地域全体とか、町全体をデザインしていく必要があるんじゃないのかなと思って、いろんな方とお話できる機会は面白いのではないかと思って参加しました。介護の方だけでなくて、いろんな方が参加されていて、ディスカッションしている姿を見て、医者は病院で医療をを提供するだけでなくなったときに、イノベーションが起こるのではないかと思いました。僕自身は、マイプロジェクトは持っていないんですけど、アワープロジェクトだなって思いました。皆で色々やりたいって話すことによって僕がしたいと思っていたことを「それやろうよ」とか、「一緒にやろうよ」って言ってくれて、実現できるプロジェクトとかになっていくのかなって、雪解けみたいなものを感じることが出来ました。ありがとうございました。

●今立ち上げているものに対して恐怖心があったんですね。業界のイメージが悪く、実際に色んな人に会っていく中で、あまり積極的でない方が多くて、本当に大丈夫かなと思っていて、、、。自分も知識がないし、自分なんかがやって大丈夫なのかなって思っていたんです。今は色んなことを気にせずに、やりたいことに専念している2人の話を聞いて、何も気にせずにひたむきに頑張るということを社会人になって忘れていたことを思い出させていただきました。周りの評価を気にするようになっていた自分がいたので、もう一回ひたむきに積極的に頑張っていきたいなと思いました。ありがとうございます。

12141574_314928965343982_7647733072895625810_n

●僕も会社を辞めて、親のところで働くということで、介護のことを勉強しなければいけない状況ですけれども、その中で2人の話を聞かせていただきました。実はモヤモヤっとしながら参加して、自分のマイプロもなくて話をさせてもらっている中で「こんなことなんだなあ」って少し出てきました。いろんな話をする中で、研修をうちでやらないかと言って頂き、仕事上では話せないことが話せて、自分の気持ちを出せたって言うことは、凄く進歩でした。前に進めました。今後ともよろしくお願いします。

●最近、職場の愚痴とかネガティブな話で盛り上がることが多くて、閉塞感みたいなものを感じることが多かったんです。今日、お互いのやりたいことを話して、凄くワクワクしました。参加して良かったなあと感じました。

●介護と関係のない仕事をしているんですけど、今日、介護に携わっている方って優しいなって感じました。自分はどっちかというと、人を馬鹿にしたり、見下したりとかする癖があるんですけど、そういうことがない方たちと話すことが出来まして、まだまだだなって感じました。誰に対しても尊敬して接するっていう学びがありました。今後何かありましたら声をかけていただければと思います。ありがとうございました。

12108172_314929078677304_9141453241157336473_n

●自分自身が介護に関わっていない業界で、介護に関わっている方がどういう風に感じているのか聞けたのがすごく良かったです。特に前回、実際に現場で介護に関わっている方の話を聞けたんですけど、今回は経営・監督している方の話を聞くことが出来て、話すことが違うなって感じました。あとは若手が思っていることを素直に言える場が少ないので、自分が思っていることを言えて、かつ聞いてもらえるっていうのが良くて、そうすることで自分自身のマイプロが具体化できそうだなって感じました。多分それは僕だけでないので、しっかり自分も人の話を聞きながら思ったことがあれば伝えて、皆でマイプロを消化できればなと思いました。

●さっき可愛さんともはなしたんですけど、「こうやったら人の為になる」とか「こうやったら良い繋がりが出来る」とか良いだろうなって思うんですけど、頑張っている自分に酔っているんじゃないかとか、そんなに頑張らなくても普通に生きていける道はあるんじゃないかとか、なんで福祉なの介護なのっていうところに私自身疑問を感じていて。なんでそんな意識高くやっているのとか大学で言われることもあって、未だにしこりがあるんです。この気持ち消化しないまま、福祉の分野に入り込んで良いのかなって・・・。皆さんどう思っているのか気になります。

●今回、国勢調査員をやったんですね。そこで感じたのが、夜電気付いての確認していくんですけど、出てきてくれないんですよ。自分の住んでいる町内の人達が。でも、そういう方の中に、今日みたい色々考えている方がいるんだなって思って。その地域の中にも必ずそういう人はいるんだろうなと。ここをどうやって軽い感じで流れるかなって。これが繋がったら、良い地域が出来そうな気がするってことを今日感じました。想いを共有できて、元気が出たりだとかできれば良いなって感じました。とても良い時間でした。ありがとうございました。

 

新たに始まる新しい仲間との3ヶ月の旅、あたたかく見守って頂けますと幸いです。

(文:秋本可愛 写真:佐藤亜美)

[PRESENT_03番外編]地域包括ケアシステムに欠かせないもの

many many Quiche!

先日開催したPRESENT_03、番外編として当日の食事についてご紹介します。

11229971_313970372106508_6612171691358980009_n

会場に入ると、たくさんのまあるいキッシュが皆さんをお出迎え。
あたたかいオレンジ色のキッシュのまわりには、毬栗や色づいた葉。

秋を感じさせるその姿に参加者の顔がほころぶ。

堀田さんのご講演、参加者との対話の時間・・・。
それだけで、満足してしまいそうですが、
見た目も味も美味しいキッシュは、参加者をより一層楽しませてくれました。

12109018_313970862106459_4981004947843538799_n

まあるいキッシュは、わたしたちが目指す地域のカタチ。
そんな地域に欠かせないエッセンスを、色んな味で表現しました。

12088156_313970852106460_2926400436728181565_n

4つの味と、1つ1つに込めた想いをご紹介します。

IMG_4764

一番人気は、秋刀魚のキッシュ!

「秋刀魚」
秋といえば、秋刀魚。
これからの寒さに備え、免疫力を高めてくれる。
旬を楽しむことは、
健康な生活に欠かせないこと。

 


旬の食材は、季節の変化に備え、私たちの身体に必要な栄養を与えてくれます。
秋刀魚のキッシュは、健康でいきいきと暮らせる地域をイメージしました。

IMG_3254
「インカのジャガイモグラタン風」
サツマイモなのか、栗なのか、かぼちゃなのか。
その美味しさは、ジャガイモであることの拘りを
忘れさせてしまいます。

 

 

介護職だけでは、高齢者を支えることはできません。
色んな人と人との連携が求められる中で、大切なのは職種や法人の拘りではなく、その人にとってのハッピーをつくること。インカのジャガイモグラタン風のキッシュは、そんな真の連携をイメージ
しました。

12144656_313970868773125_1331693056728984861_n

IMG_2499

もはや意味不明だったのが、茶碗蒸し風キッシュ!

「茶碗蒸し風」
茶碗蒸し風のキッシュなんて、ありなのか?
新たなコラボレーションは、
あなたの冒険心をくすぐります。

 

 

銀杏まで乗っかった茶碗蒸し風キッシュ。誰もが「合うの?」って思ってしまうと思います。自分たちの創造を越えた新たな連携が価値を生む可能性を表現しました。実際に美味しくて良かったです。(笑)

IMG_8928
「アップルパイ風」
まあるくて、あまいキッシュは、
自然と人の笑みを引き出し、
あたたかい気持ちに。

 

 

 

地域にはあたたかい人で溢れていることをイメージしました。みんなあったかい、同じ人間であることを忘れないで欲しいという願いを込めて。

皆さんは、どの味がお好みでしたか?
次回の食事もお楽しみに!12108109_313970252106520_1745837852471701560_n12047134_313980828772129_7179892281314101034_n

毎回無茶ぶりを一緒に考えて、楽しくカタチにして下さるsunshine grownの國崎さんには、心より御礼申し上げます。

(文:秋本可愛 写真:北村真理)