VISION

– HEISEI KAIGO LEADERS について –

2025年、介護のリーダーは日本のリーダーになる。

わたしが、介護のスイッチになる。

あなたの胸のなかにある、介護への想い。

それを、どんなに小さくてもいいから、
ワクワクできるアクションに変えていこう。

わたしたち一人ひとりが動きだせば、
介護は、もっとおもしろくなる。

日本の介護の未来をつくるリーダー、
それはわたしであり、そして他でもないあなたです。

特別な人だけが未来をつくるんじゃない。
未来をつくるのは、一人ひとりの胸の中にある想い。

まずは、自分の中のスイッチを入れて、
明日をおもしろくする一歩をふみだしてみよう。

いまの常識やルールにとらわれず
あなたが目指す介護へとシフトするスイッチになろう。

同じ志をもつ仲間とつながり、学びながら、
あなたの次の一歩をつくりだすコミュニティ、
HEISEI KAIGO LEADERS。

VISION

2025年、介護のリーダーは
日本のリーダーになる。

MISSION

リーダーシップを、
ひとりひとりに。

一人ひとりが自分の可能性に気づき、介護を前向きにとらえ、
リーダーシップをもってチャレンジできるような成長を支えていきます。

つながることで、超えていく。

組織や業界、世代を超えて人をつなぐハブとなり、未来につながる新しい介護を学び、
デザインしていけるコミュニティを広げていきます。

MESSAGE

秋本 可愛 HEISEI KAIGO LEADERS 発起人 株式会社Join for Kaigo 代表
秋本 可愛 HEISEI KAIGO LEADERS 発起人
株式会社Join for Kaigo 代表

はじめまして、HEISEI KAIGO LEADERS発起人の秋本可愛です。
わたしは大学在学中に、起業サークルで認知症に関わるフリーペーパーを手掛けたことから、はじめて介護の世界と出会いました。その後、約2年間の介護現場でのアルバイトを通して「介護」という仕事の尊さや魅力を感じる一方で、“人生の終わりは必ずしも幸せではない”という現実も目の当たりにしました。そして同時に、人生のおわりに関わる人たちもまた苦しんでいるということを、まざまざと知ることになったのです。

人が老いるという自然な営みの中に、「介護」はあります。日本の平均寿命は男性は80歳、女性は87歳を越え、10年以上の介護が必要となる人生も当たり前になってきました。

介護は、人生という道の中で欠くことのできない1ページだからこそ、今のままではいけない。そう思ったのが、HEISEI KAIGO LEADERSのはじまりでした。

そんな想いを抱いた5年前、はじめて私が起こしたアクションは、介護に関心がある同世代の若手を集めた飲み会の開催という誰でもできる一歩でした。飲み会を続ける中で、常に何が大切かを問い、やりながら変え、トライ&エラーを繰り返してきて、今があります。

これまで感謝しきれないほど、本当にたくさんの方々に活動にご参加いただきました。また、応援してくださる方にも大勢出会ってきました。活動をはじめたときには想像もできなかったほど、HEISEI KAIGO LEADERSというコミュニティは、今、広がりを見せています。

2025年。団塊の世代の方達が後期高齢者となるこの年に、今のままでは介護人材は37.7万人不足、孤独死や介護離職の増加など今ある様々な課題がさらに深刻化すると言われています。

そんな未来を決めるのは、私たち一人ひとりの一歩の積み重ねしかありません。ただ、「ひとり」でできることには限界があります。一人ではできない未来を生み出すことに挑みたいと、ここからさらに、2025年に向け、より多くの仲間と手を取り、協力し合いながら、欲しい未来を自分たちの手でつくっていきます。

介護の未来は私の未来であり、みなさんの未来です。
ぜひ、未来の介護をつくる共犯者になってください。