Present_10 下河原忠道 認知症を”未知のもの”にしない!vr × 介護で創る 認知症にやさしい社会


PRESENT_10 下河原忠道
認知症を“未知のもの”にしない!
VR×介護で創る 認知症にやさしい社会

” 百聞は一見に如かず ”

そんなことわざが日本にはあります。
物事に対しての理解を深めるとき、 聞くよりも見た方が、そして見るよりも体験した方が 深く早く正確に理解できるという意味のことわざです。
もちろん、知識を備えることは非常に重要です。
しかし、「実際の経験」を通して得るものには やはり代えがたい何かがあります。

認知症に対する「怖いもの」「遠いもの」というイメージ。
それらの根本にあるのは、 「自分が経験したことがない、未知のものに対する恐怖」 なのかも知れません。
日々 認知症の方のケアに携わる人であっても、 実際に認知症を経験したことはきっとないはずです。

今回お招きするゲストは、 世間の認知症に対するイメージ刷新を図ろうと VR認知症プロジェクトをスタートさせた 下河原忠道さん。
仮想現実の中で、 実際に自分に起こった出来事として 「認知症を聴覚と視覚から疑似体験」するとひとはどのように感じ、どのように変わるのか。ともすれば、これからの社会における認知症の捉え方が 全く違うものになるかもしません。
当日は参加者全員にVR認知症を体験して頂き、 その可能性に迫っていきます。

 

■ゲストプロフィール
下河原忠道[しもがわら ただみち]

株式会社シルバーウッド代表取締役,一般財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事.高齢者住まい事業者団体連合会(高住連)幹事.

1988年Orange Coast College留学後,2000年株式会社シルバーウッド社設立.薄板軽量形鋼造構造躯体システム開発.特許取得に成功. 同構造の躯体パネル販売開始. 2011年直轄運営によるサービス付き高齢者向け住宅を開設. 現在設計中の計画を含め11棟の高齢者住宅の経営を行う.2016年VR認知症プロジェクト開始

著書:「もう点滴はいらない」(ヒポサイエンス出版).

■当日のご案内

日時:     2016年12月11日(日) 18:30〜(開場18:00)
会場:     サイボウズ株式会社 オフィス
住所:     東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27階
参加費:  4,000円
飲食:     軽食・飲み物あり!
定員:     90名

お申し込みはこちら:

application

http://present10.peatix.com/
※本申込は上記リンクよりお願い致します。定員に達した場合は、事前申込を優先させて頂きますので、参加を希望される場合はお手数ですがお申し込み手続き頂きますようお願い致します