ACTIVITIES

頼る勇気 (KAIGO MY PROJECT 1期レポート その4)

KAIGO MY PROJECT REPORT

支えてくれる仲間がいる心強さ

5月8日、KAIGO MY PROJECT1期 4回目のセッションでした!

平日の夜は仕事の都合もあり、少し遅れて来るメンバーもいるものの、全員揃っての開催でした!
グループの対話を通じてマイプロを深めていきました。

メンバーの一人が前回から今回にかけて、ぶちあたった辛く大きな壁について、仲間に打ち明けてくれました。

全て受け入れてくれる仲間がいるから自分の弱さをさらけ出すことができたのか、彼の頼る勇気が仲間からの支援を生んだのか。

自分自身に深く向き合い、自分らしい自然な在り方を受け入れ、支えてくれる仲間がいることに気付き、彼はあるがままの自分自身を受け入れることができました。そして彼の勇気ある自己開示によって仲間の自己開示を促し、そして全体の一体感がうまれたような気がします。

参加者の気づき・感想

4回目の感想・気づきも是非ご覧下さい!

仕事のことは、きっちり整理して話せるが、自分自身の思いに素直には向き合うことを、それを誰かに伝えることは全然してこなかった。
自分がなぜこのことを大切にしているのか話してみようと思っていたが、キーワードは分かっているけど、なんでかが分かっていない。今までは、自分の事を話 すのがダメで、整理していないまま、そのままで話してしまって、二人にはどうだったかなと思う。とことんこうやって、自分で怖かったんだなってすごく痛感した。

直前まで行くか迷っていたが、行かないと、という気持ちが勝って来た。色々話を聞いてもらって、楽になれた。言葉にして言うということで押し殺していた部分が気持ちの整理ができた。
話を聞いてもらう中で、本当に自分が何をしたいのかということが見えた。大きな一歩になった。

マイプロに参加してから、人の話を聞くのが楽しくなってきた。
自分でも、人の話しを良く聞くようになったと思う。現場の人たちにどのくらい感じてもらえているかが、自分の成果である。ここにくるとゼロに戻る気がするからすごくありがたい時間。

KAIGO MY PROJECT1期もプログラムの半分が終わりました。残り半分、参加者の変化、プロジェクトの動きも引き続きお伝えしていけたらと思いますので、あたたかく見守って頂けたらと思います。


 

●この記事を書いた人


秋本 可愛 Kaai Akimoto
HEISEI KAIGO LEADERS発起人/株式会社Join for Kaigo代表取締役社長
「介護から人の可能性に挑む」をミッションに掲げ、
若者が介護に関心を持つきっかけや、若者が活躍できる環境づくりに注力。